『かさもって おむかえ』
  
          征矢清さく  長新太え 福音館書店(1969) ¥840

   「ゆうがたになって きゅうに あめが ふりはじめたので
   かおるは おとうさんを むかえに えきに いきました」
   電車を何台待ってもお父さんは降りてきません。
   待ちくたびれたかおるのところに、オレンジ色のとらねこがやってきて
   お父さんの乗り換え駅まで行ってみたらどう と言うのです。
   かおるはなんだか楽しいきもちで、ねこに連れられ電車に乗ります。
   ところが、かおるとねこが乗り込んだ車両は
   「おどろくことはないよ。みどりいろのでんしゃは どうぶつせんようしゃ
   なんだ」 だったのです!

      「あめふり ざんざんぶり 
            かさ もって おむかえ

  
   
    もう50年以上も前になりますが、私も”かさもって おむかえ”を
   しました。
    あの頃は、世の父親たちの帰宅時間をそれぞれの家族が
   だいたい把握できていたように思えます。
    携帯電話はもちろん無い時代、黒いダイヤル電話もうちには
   無かったのに、母は そろそろ帰って来る頃と傘の用意をし
   幼い私はカッパを着せてもらって、くっついて行きました。
    波平スタイルの父と途中で出会うこともあったし、
   数台待っても降りて来ず、「また飲み屋さんで雨やどりやわ」
   という日もありました。
    駅構内や駅前辺りをちゃんと思い出せますが
   もうすっかり変わってしまったことでしょう。
   阪神電車武庫川駅・・・私の幼年時代の最寄り駅です。
  
     
      

Comment





   

えほんてなブル

1984年、広島ではじめてオープンした児童書専門店です。
小さな店ですが絵本から読み物まで定番をきちんとそろえています。

住所:広島市中区中町1−26
ヴェル袋町公園2F
TEL&FAX:(082)247-8920

定休日:月曜日・第5日曜日
営業時間:11:00〜18:00
ホームページはこちら

ブルの営業予定日

カテゴリー

アーカイブ

近ごろのブル

コメント

記事を検索

その他